【競馬】馬単に必勝法はある?

券種ごとの必勝法

いい予想が出来て上位にくる馬を的中させられていたとしても馬券の買い方が下手だったら勝つ事は出来ません。全部9個の券種がある現代競馬ですが、この記事では1着と2着の馬を的中させなければいけない馬単について紹介していきます。

中央競馬では昔から発売されていた券種ですが、昭和40年代前半に一度廃止され、その後平成14年から再度発売が開始されたという異色の歴史を持つ馬単。

売上比率は現在でもあまり高くなく、全体の8%前後の売上額といなっており、馬連は人気があるものの馬単は人気がないという知名度の低い券種となっています。

しかし馬単には馬単だけの特徴や個性があり、賢い買い方やポイントが存在します。この記事では馬単で勝つ為の必勝法を紹介していきますので、興味がある方は是非参考にしてみて下さいね。

そもそも馬単とは?

馬単とは1着2着の着順通りに馬券を当てるというもので、1着と2着の着順通りに的中させなければその馬券は当たりではありません。ゆえに、馬連よりも的中確率が低くなるものの、3頭当てなければいけない3連単よりも的中確率は高くなり、穴馬が入賞すればオッズも高くなります。

馬単の平均配当や約12000円と言われていて、これは馬連のほぼ2倍の平均配当となっていますので、2頭だけを当てる券種の中では最も配当が高い券種であるという事が言えるでしょう。

ボックス買い

馬単のボックス買いとは、自分が選んだ組み合わせの馬券を全て購入するというものです。選んだ馬の全ての通りを購入する事になりますので、思った以上に購入点数が増えてしまうというのがボックス買いの怖い所。

  • 2頭⇒2点
  • 3頭⇒6点
  • 4頭⇒12点
  • 5頭⇒20点
  • 6頭⇒30点
  • 7頭⇒42点

このように馬単のボックス買いは買い目を1頭増やすだけでどんどん点数が増えて行きますので要注意。しかし、選んだ馬の1着と2着は全て網羅している状態になりますので、買い忘れや漏れがないのが良い所です。

例えば、A・B・C・Dの4頭の馬をボックスで馬単で購入した場合、

  • A→B
  • B→A
  • A→C
  • C→A
  • A→D
  • D→A
  • B→C
  • C→B
  • B→D
  • D→B
  • C→D
  • D→C

買い目はこのようになり、4頭の1着と2着が入る馬単馬券の全てを網羅する事になるという訳です。この為、ボックス買いは買い忘れをなくす効果がありますが、その分だけ点数が増えていくというデメリットがあります。

フォーメーション買い

ボックスと匹敵する位に高い支持を集めている買い方がフォーメーション買いです。1着を固定する買い方が一般的で、例えば1着固定でAを購入し、2着にB・C・D・Eの4頭を選んだとします。

この場合の買い目は以下のようになります。

  • A→B
  • A→C
  • A→D
  • A→E

1着固定の4頭流しという買い方がコレで、1着をAで固定している訳ですから1着が外れた時点で全て負けです。例えばBが1着でCが2着にきた場合、上記で紹介したボックス買いであれば勝っていますが、フォーメーションではAが1着ではありませんので負けです。

ボックスとは違いフォーメーションは買い目点数を抑える事が出来るという一方で、自分がいいと思った馬がきても外れる場合があるという事は覚えておきましょうね。

馬単の必勝法を紹介

さて、早速ここからは馬単で勝つ為の必勝法について紹介していきます。馬単は1着と2着を当てるというシンプルな馬券ですが、他の券種と比較すると人気が薄い馬券でもあります。しかし、人気が薄いという事はそれだけライバルが少ないという事でもありますので、必勝法や勝ち方さえしっかりと抑えておけば、ある程度の高い収益は見込めるはずです。

圧倒的な1番人気がいるレースを狙う

まず最初に紹介したい方法は圧倒的な1番人気がいるレースを狙うという事。馬単必勝法の一つに1着固定で流しで買うというものがあります。圧倒的な1番人気がいるレースはその1番人気の馬が勝つ確率がかなり高いので、そういったレースを狙い、1着を固定して2着を流していくという方法で馬単は購入していきましょう。

この時に注意してほしいのが、1着を圧倒的な1番人気にして2着も人気馬にしてしまうと配当がかなり低くなってしまうという点です。そうなると、もしも的中した場合であっても配当に旨味がありませんので、そうなる事を防ぐ為にも2着には穴馬から大穴の馬を選別するようにするのが良いでしょう。

回収率を上げるなら1点賭けもおすすめ

三連単や三連複などを1点賭けする人はまずいないと思いますが、馬単に限っては本命と本命の1点賭けもおすすめです。必勝法という訳ではありませんが、1点賭けであれば100%トリガミになる事は当然ですがありません。的中すれば100%回収率を上げる事ができるという訳です。

馬単の場合は当てるのが簡単な方の馬券になりますし、更に当てやすくする為に1着を圧倒的な1番人気で固定すると更に当たりやすくなります。

コアな競馬ファンの中には馬単1点賭けを常にしているという方も多く、厚く賭ける事で万馬券だった場合に一気に何十万円もの利益を得る事が出来ます。期待値が高いと感じる馬をまず1着に固定、続いて2着には5番人気以内の次の本命を選ぶようにするのがベストです。

的中率は当然下がっていきますが、回収率の事だけを考えるのであれば一点賭けも馬単に限って言えばベストな戦略であると言えます。

人気馬+中穴~大穴の組み合わせがベスト

例えば馬単をフォーメーションで流しで購入する時に、軸にした馬が1番人気だった場合は2着を2番人気の馬を選びたくなるのは常です。当然競馬ファンは見る目が肥えていますから、実績や実力で言えば1番人気が1番強く、2番人気が2番目に強いというのが定石です。

しかし、馬単で高い回収率を上げる為には的中率と回収率のバランスがとても重要になってきます。的中率のバランスは人気馬を1着固定にしている段階である程度は採っていると考えると、次は回収率の事を考えなければいけません。

ある程度の点数の馬券を購入するのであれば、1着を人気馬に固定した場合は、2着はある程度の中穴から大穴馬を入れるのがベストです。しかし、思い切った大穴馬は2着に入る可能性が極端低くなりますので、ベストは5番人気から8番人気あたりで、逃げ足の馬を選ぶのが良いでしょう。

最近の競馬は前残りになる展開が多く、スピードが早いので前で逃げた穴馬のスピードについてこれず、そのまま止まらないで前に残るレースが数多くあります。そういった展開を狙える馬を2着で固定しておき、1着は力と実力を兼ね備えている本命馬を添えるというのがベストな買い方です。

人気馬+人気馬の組み合わせは確かに的中率は上がりますが回収率が良くなりませんので、極力であれば避けるか、それか上で説明したように1点賭けで大きく張るかで考えた方が良いでしょう。

まとめ

1着と2着を着順通りに当てる馬単について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?2頭当てるだけなら簡単と思っている方も多いかもしれませんが、これが意外に難しく、ボックス買いは点数が多くなり、フォーメーションで点数を絞ると買い目を逃してしまったりと、初めて買う時は苦戦するはずです。

馬単は人気がない券種であるとされていますが、1着と2着を当てるだけというシンプルさと、波乱がおきた時の高い配当はとても魅力で、過去には数十万馬券などが出た事もあります。

1着固定の流しが必勝法の買い方です。まずは1着にくる馬を見極める目を養い、2着で穴馬の中からワンチャンありそうな馬を選び、馬単を使いこなして更に競馬を極めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました